最もお手頃に過ごせる都市

海外の人々から見ても、日本は魅力的な自然の美しさと、新旧が混在し文化ある大都市が融合した地球上でも唯一無二の場所です。様々な場所で旅をするのにはお金がかかりますが、休みを事前に予定して比較的お手頃に旅できる街を見つける事もできます。

もし、どの街に飛んでどこに宿泊しようかとお考えであれば、旅の計画のお手伝いになれればと最もお手頃な街を、金額の手引きと共にリストアップしたのでご覧ください。

それでは見ていきましょう!

九州 – 特別な島 

殆どの人が大阪、京都、東京がある本州に直行しますが、その他の日本の宝は忘れられがちです。そこで出費を抑えたいのであれば南西の大きな島、九州はどうでしょうか。

ここの最大の都市は福岡です。鮮やか且つ賑やかでありながら、人混みを避けつつ予算内に収めるには丁度よい規模感の街です。

おすすめは、福岡から河内藤園がある近隣の北九州に移動することです。この庭園は他では桜が散ってから数週間後、4月末から5月頭までが見頃となります。この方法であれば美しい景色を体験しつつもお金はセーブできます。

沖縄 – 楽園の島 

亜熱帯の気候、サンゴ礁、そして世界も認めるビーチがある沖縄は150以上の島で形成されています。沖縄はその昔、別の国であった事から独特の文化が残っています。到着の際は高確率で沖縄の県庁所在地である那覇に到着するはずです。

その豊かな歴史の他にも、那覇では鮮やかなナイトライフが楽しめたり、ウォーター・スポーツやビーチで休みを過ごすのがお好きな人にとってはうってつけ場所が存在したりしています。例えばスキューバ・ダイビングをしたりサーフィンのレッスンを受講したり、シュノーケリングをして午後を過ごせたりもします。

ここではユネスコ無形文化遺産として保護されている、首里城も鑑賞できます。お城は琉球王国の復元された王宮です。

北海道

雪化粧された山々を眺めながら温泉に入るのを想像してください。北海道を訪れると決めれば、これが可能になるのです。札幌は島の県庁所在地であり、最も刺激的な街の一つです。驚くほどおいしいラーメンやスキー、ビール、そして毎年恒例の雪祭りで知られています。

もし費用を抑えたいのであれば、冬の期間を避けて夏に札幌を訪れましょう。より穏やかな気候のおかげで、快適に過ごせて山道も穏やかに楽しめるでしょう。

到着したら、サッポロビール博物館、中島、モエレ沼、大通公園は訪れるべきです。これらの観光地は無料なので、一円も使わずに済みます。

横浜

日本で第二の規模を誇る都市、横浜。日本の首都と似て横浜は流行に敏感で、数多くの娯楽やお買い物の選択肢でひしめいています。横浜は東京の探索にうってつけな拠点であるだけでなく、神奈川県の県庁所在地でもあります。

Liked Liked